FC2ブログ

迷大日々のブログ

Miiverseユーザー迷大のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わる日比谷線 東武70000系

さて、今回は変わる日比谷線と言うことで日比谷線の今を東武車両中心に見て参ります。
それではどうぞ!

20170730041458de5.jpg

ドア上に見る東武車両

201707300414545a5.jpg

東武20000系は界磁チョッパ制御車。他車両と比較するなれば発車時にブーンと言う音がするのが特徴。ドア上に案内装置を持っていない車両はこの車両と東急8000系のみ。

20170730041453a67.jpg

GTO素子のVVVFインバーター制御を用いた東武20050、20070系はLED式の車内案内装置が設置されている。20050系が10000系列の修繕車のような装置で、20070系が30000系のような形た。種別表示が必要だったかは謎。
20070系はLED装置の劣化が激しい。

2017073004145541f.jpg

PMSMモーターを搭載したVVVFインバータ車70000系は2画面LCDに広告の攻勢。広告面は現在は東武鉄道のCMオンリーとなっている。

東武70000系

20170730041452a91.jpg

霞が関駅の発車標は早くも劣化。真ん中が少し暗くなっている。
運用情報とにらめっこしながら計画的な予定を立てて今回は秋葉原から茅場町間で乗車。

20170730041457dee.jpg

近畿車輌製造であるため外見は塗装を除けば変わったところは見られない。

20170730041458de5.jpg

スマホ撮影なのでSSが長くブレてしまいましたが、70000系が出発する様子。東武っぽいと言えば、私はそうとは思わない新時代の車両と言えばそうなのでしょうかね。

今回はここまで!
ご覧いただき、ありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4010hikarie.blog.fc2.com/tb.php/768-e10718d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。