FC2ブログ

迷大日々のブログ

Miiverseユーザー迷大のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ようたん問題』に見える闇

さて、今回は気になったので少しようたん問題を語って参りましょう。本来はそんなことはしてはいけないのですが、将来への自分の戒めとして残しておきます。
それではどうぞ。
ようたん問題
ようたん問題とは、Twitterユーザーのようたん氏が不正乗車を行ったために起きた問題のことである。既にこの基本問題は棚に上げられ、Twitterの炎上と、ようたん氏の性格的な問題になりつつある。今回はその不正乗車以外の問題を、ようたん氏自身インターネット内の社会現実社会の3つに分けて語っていく。

ようたん氏自身の問題
これに関しては問題大アリである。全ての罪状を挙げることはしないのだが、大問題とするなら逃げたことである。とりあえずようたん氏がアカウントが凍結されるまで逃げ続け、そして新しいアカウントになってようやく不正乗車をしたと言う反省だけしたのは良くないことである。人情的に良し悪しがつく問題であれば謝罪せずとも問題は無いがシロクロはっきりついたこの問題で謝罪をしなかったのは流石にマズイのでは無いのかなぁと思った次第ではある。そして、その後もSNS内では逃げている状態で謝罪どころか暴言まで吐くと言う異様っぷりである。
次に問題となるのが個人情報の掲載である。このユーザー、比較的個人情報をオープンにしており住所も市内まで絞れるぐらい情報を載せていたのだ。だから不正乗車が発覚した時点でその情報が掘り返され、大問題となっているのは言うまでも無いと思う。しかし、それ以前の問題として、ネットにこのような情報を載せたら個人がバレてしまうことを学んでこなかったのか、それとも教育をしていなかったのか、どちらにしろそこから謎である。今ら学校ではネットについて口すっぱく言われているハズなのにも関わらず、である。

インターネット内の問題
インターネット内の問題としては大きく騒ぎ立てたのが問題であろう。例えば掲載された黒歴史を中心とした情報を根掘り葉掘り公開したり、コラ画像を作ったり、個人情報を突き止めようとしたり。んまぁ不正乗車であればそれこそたたかれるのは必然であるが、そこまでやっていいことなのかと言えばそんなことは無い。こうしたことをタイムラインに流したりすれば不快になる人も当然いるし、そうやって迷惑を多少ながらかけているのは確かであろう。私としてはそれこそこの問題は鉄道会社と個人間で解決することが望ましいから、そこまで過激なことはやるべきでは無いとは思う。しかし、私もそれに同情してしまうことは少なからずある。理由は以下の通りだ。

現実社会の問題
現実社会の問題としては学校の指導の甘さがある。このようなことをしても大概は教育機関は介入をしない。何故ならその教育機関が批判を浴び、評判が落ちるからである。だからこそいじめとかその辺のことも何も解決しないし、隠そうとしている。もしこれが騒ぎにならなかった場合は教育機関はこのことを指導せず、隠す可能性があった、そのくらい教育機関に信用が無いからこそ炎上に発展して何とか注目をしてもらおうと思ったのであろう。そして、現在夏休みであることから、指導そのものが難しいと言う現状もあるのだろう。学校の指導がしっかりとしている状態であるのであれば、このくらいの炎上は起こらなかったのかも知れない。

結論
不正乗車はしてはいけないことであるのは確かであるが、その情報が出る前にどんな対策が出来たのか、そのあとどのようにすればよかったのかを考えるべきではなかったのかなぁと思う。もう少し色々な面で良かったらこのような騒動にまで発展はしなかっただろう。この問題の後、再びこのようなことで炎上する人が出ないことを祈るし、不正乗車をしない、隠さない世の中になればいいなとつくづく思う次第である。

今回はここまで。
ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4010hikarie.blog.fc2.com/tb.php/779-2497d0da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。