FC2ブログ

迷大日々のブログ

Miiverseユーザー迷大のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SL大樹乗車記 ~予約編~

さて、今回はSL大樹の乗車記と言うことでまずは予約から見て参りましょう。
それではどうぞ!

201708230613123ae.jpg

SL大樹の予約方法
SL大樹は全車指定席であるため必ず指定券を予約購入しなければならない。ただし、システム的に東武特急の括りの中に入れられているため購入出来る間口は非常に広い。

駅で予約購入
駅で購入する初歩的なやり方。近くに東武線の駅がある場合はここで買うのがオススメであろう。ただし、寄居駅、越生駅と駅員がいない駅では購入が出来ない他、券売機でも購入できない。窓口又は浅草駅旅行センターで購入する必要がある。東上線は発券に時間がかかる(後述)。

電話で予約、駅で購入
電話で座席をおさえる方法である。とりあえず電話で座席だけ予約して駅又は東武トップツアーズで購入すると言うことである。
流れとしては電話で予約して予約番号を覚えておき、駅又は東武トップツアーズで予約番号を伝えた上購入という感じ。
こちらも当然寄居、越生、駅員無配置駅では購入できず、券売機でも購入は出来ない。東上線は発券に時間がかかる。

インターネットで予約、駅で購入
インターネットで座席をおさえる方法。とりあえずインターネット予約か東武モバイルサイトから必要事項を入力、送信し、回答を待つ方法である。回答メールは2通目であり、ここに予約番号が記載される。記載した情報を駅の窓口では口頭で伝えるが、面倒ならスマホを提示する形でも何ら問題は無い。
こちらも当然寄居、越生、駅員無配置駅では購入できず、券売機でも購入できない。東上線は発券に時間がかかる。

旅行代理店で予約購入
旅行代理店の窓口で予約する方法。東武トップツアーズ以外でも東武特急の指定席を売っている場所であればどこでも購入できる。ただし発券に手数料が必要な場合がある。

東上線の駅で購入
迷大氏はインターネット予約をしたあと、東上線の駅で引き取りを行いました。引き取り期限は発車15分前(東武トップツアーズの場合予約確定後7日間)だが、駅の混雑が予想されたため事前に東上線の駅で引き取りました。

某シリーズがなぜあの駅からスタートだったかの伏線はこれなのですね実は。

んまぁ、引き取ったのですがドえらい時間かかりました。何故かと言うとまずは本社に電話をとったこと。何故かと言うと旧東上業務部と本線側の業務部で回線がつながっておらず、機械的に発券が不可能だから。
当分ムカシを覚えている人ならわかりやすいと思いますが係員が予約の電話を入れてそこから予約番号を確認、座席番号を聞き出して復唱、とこれを長々10分間。なぜ東上業務部を廃止したのかよくわからないですねぇ(白目)。

そうこうかなりの長丁場を受けて貰った指定券がこれ。

201708230613123ae.jpg

はい、補充券です。こんなのもらえるとは思いませんでした。
ちなみに下今市と鬼怒川温泉には硬券が常備されているためお土産的にはこの2つがオススメです。

そして駅でもう1つ貰ったのが…

20170823061309142.jpg

こんな乗車券袋のようなモノ。実は私これ開けるまで乗車券袋と勘違いしてました。案内パンフレットのようなものですね。

201708230613129a8.jpg

裏は時刻表と座席表になっています。こちらはSL座席指定券を購入する時にもらえます。
東上線だったら何かもらえるかと思ったらそうではありませんでしたが補充券だったことでヨシとしましょう。

さて、今回はここまで!
次回は下今市駅鬼怒川温泉駅の様子を見て参りましょう。
ご覧いただき、ありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4010hikarie.blog.fc2.com/tb.php/791-cf156c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。